2018-02

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【M・Sさまの着姿】黒お召長羽織 (02/18)
  • 【黒お召長羽織】 (02/17)
  • 【アイロンはジュでなくピシッ】 (02/15)
  • 【残念な身丈直し】の直し (02/09)
  • 【結城紬】 (02/07)

  • 【M・Sさまの着姿】黒お召長羽織

    M・Sさまの着姿。

    早速お写真を送って下さいました。

    今日着用してご近所へ買い物におでかけ。

    単衣羽織ですが別珍のショールをすると寒くはなかったそうです。

    日々暖かくなりますからね~。

    羽織着姿1

    M・Sさまは身長163㎝。

    羽織丈は肩から110㎝がご希望でした。

    長さちょうど良いですね!

    今日は江戸小紋ですが

    次は紬にもコーディネートしたいとおしゃっています。

    羽織着姿



    喜んでいただけて

    “綺麗”をお手伝いできて

    嬉しいです。



    ありがとうございました。




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【黒お召長羽織】

    横浜市在住のM・Sさまの長羽織です。

    お母さまの黒お召袷きものから仕立て直しをさせて頂きました。


    お子様の入学式・卒業式はおきものでご出席。

    お嬢さまの成人式や卒業式の着付けも愉しまれたそうです。

    そして、ここ数年はご自身がおきものを着て

    お出掛けするのが愉しみなM・Sさま。

                            仁井ひさえ先生考案の
                            長羽織衿でのお仕立てです。

                            HP和服仕立人ひさえ 
                            ブログからご覧ください。

    P1020922.jpg

    袷きもののとき、裏はもめんとモスリンでした。

    単衣きものに仕立て直すかも迷われましたが

    やはり軽く、はおり物として単衣羽織に。

    羽織丈は肩から110㎝。

    お好みの長い羽織丈に仕上がりました。

    ひさえ先生の羽織衿だから出来るのですね。


    脇縫いだけはコート仕立てのようにミシンで縫って割っています。

    スッキリさせたいのでまちもポケットも付けず。

    まち布は裁ってありますので、また付けることも出来ます。


    裄は布巾いっぱいで 69㎝。

    はおり物だからもう+1㎝は欲しかったのですが・・・。

    でも少し補える方法を知りそのように袖付けしてみました。


    先日解き物をしたときに見た袖付けがヒントで。

    やっぱり解きは教材にナル。




    柄は “ねこやなぎ” 

    P1020929_201802161540247d2.jpg

    着用はちょうど今の時期でしょうか。

    春先はお忙しいと思いますが

    どうぞ、羽織ってお出掛けしてくださいね(^^)





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【アイロンはジュでなくピシッ】

    大事な、しごと道具 “こて”

    こての温度は指先に水(つば)を付けてピシッという位がいい。

         P1020893.jpg

    温度調整がうまくいかなくなってきて・・・

    さすが年季が入っているから。



    でも大丈夫です。

    友人Nさんがゆずってくれました。(上の写真)

    「2台持っているから、1台送るよ~。」

    1台は和裁仲間Yさんが和裁を辞めたときに

    Nさんが貰ったそうです。


    Yさんも和裁学校から和裁所

    そして技能士の試験合格も一緒でした。

    すごいのは小学生2人のお子さまをもつママだったこと。

    和裁講習会があると裁縫道具一式持って会場まで行くのですが

    息も切らさず地下鉄の階段を上がりきるのでした。

    若いわたし達はフーフー言っているのに。


    そんなパワフルなYさんの“こて”を頂いたのだから・・・

    まだ、がんばらなきゃ。


    NさんはOLをしながら夜間、和裁学校に通っていました。

    そして数年後には、1級和裁技能士として独立。  カッコイイ!


    きれいな“こて”だなと思ったら

    二人とも2台目だそうです。

    わたしのは赤いランプが付いていない

    そう、古くてヒドイので写真は控えます。

    でもこれまで30数年持ちこたえたのは

    電気や機械に明るい夫くんがいたからですね。

    幾度も修理してもらいました。

    木製の持ち手とこて部分が外れたりするんです。

    昔、飼っていたねこは地のしアイロンのコードが好きで

    かむから危なくて、コードも交換しています。


    みんなのおかげさまです、ありがとう♡



          ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



    ファー付きイヤリング

          P1020770.jpg




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【残念な身丈直し】の直し

    こちら、すてきな柄ですね。

    ウールきものだそうです。

    しぼというかシワ加工がされています。

    P1020902.jpg

    先月、ウールきものをお仕立てさせていただきました

    S・Nさまから身丈直しについてのご相談。

    このおきものを持っていらした方から

    「あなたに合うように身丈を直しておいたわ。」

    と言ってくださったそうです。



    ところが身丈を出すために継いだ足し布が

    おはしょりでどうしても見えてしまう。

    「なんとかなるかしら? 

    とても気に入っているから着たいんだけどね~」 と。

    お預りして見てみると足し布をした位置が上すぎのようです。

    ・・・・・

    しばらく考えさせていただいて、

    下前の衿と交換することにしました。

    幸い足し布(15㎝)は後ろ身ごろだけだったので

    衿分の布で足りました。

    上の写真で分かるように

    下前の衿が交換した後ろ身ごろの足し布です。



    そして下の写真が後ろ身ごろ。

    衿の長さ分をそのまま付けると柄が縦になるので

    横柄になるようにしました。

    継ぎが入りますがこのほうが良いと思います。 

    おはしょりで見えますが、共布なので平気かな。

    P1020900.jpg



    S・Nさまは

    ふだんに半巾帯で着用したいとおっしゃっていました。

    ご近所のスーパーで

    こちらのおきもの姿を見かけたら 「! (o‘∀‘o) 」



        ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



    こういうお直し、好きですよ。

    だめかな~着られないかな~というのが

    着られるようになるって (o‘∀‘o)*:◦♪


    いい案が浮かばないときもありますが・・・

    仕上がったときはヤッタ!できた~

    達成感でうれしいのです。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【結城紬】

    結城紬袷のお仕立てさせていただきました。

    みーさんのおきものです。

    結城紬は着るほどに身体に馴染むと言いますね。

    だんだん柔らかくなって着易くなるのでしょう。

    落ち着いた墨黒で長く着用できそうですね。

    八掛は黒色。

    P1020801.jpg



    P1020898.jpg

    しわにならずに届いたでしょうか?

    一生けんめい、梱包しています。

    でも最近、ダンボールの上から

    紐で結ばないことにしました。

    集配のお兄さんが

    「紐で結ばなくていいですよ。」と言うので。

    重たくないから大丈夫なのだそうです。



    法衣店の仕立てをしていた時

    お店から届く荷物はいつも紐で結んであったので

    同じようにしていたのでした。



         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



    可愛いので連れて来ちゃいました。
    サリーちゃん♡ 
           サリーちゃん





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (31)
    お仕立て (31)
    お直し (40)
    長羽織 (10)
    きものコート (5)
    大渡の羽織コート (3)
    リメイク品 (6)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事