FC2ブログ

2018-08

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【小千谷ちぢみ】お仕立て (08/13)
  • 【都衿コートから長羽織】お直し (07/31)
  • 【緑色の羽織コート】初めてのパッチワーク (07/19)
  • 【身丈の短い羽織をお直し】 (07/15)
  • 【道行コート】たて衿部分お直し (06/30)

  • 【小千谷ちぢみ】お仕立て

    「着物と和裁」 みーさんの小千谷ちぢみです。

    反物からお仕立てさせていただきました。

    黒地に水色の縞

    ちぢみの“しぼ”が涼しげです。

          P1030307.jpg



    みーさんはご自分でもお仕立てされるので

    メールやお電話でうち合せさせていただきました。

    いつも夏きものをさらりと纏っていらしゃいます。

    が、やはり暑いそうです。

    なので今回はいしき当ては付けず

    広衿はつまみかけ衿にしました。

      ・ 地衿を2~3㎝つまんでかけ衿のように見せています。

    P1030305_201808131842346b2.jpg

    衿の中に折りこんでしまう

    おくみの縫い代も注意して

    衿の厚みがでないようにしてみました。

    また、洗った後縫い代がごちゃつかないように

    しつけで押さえています。


       ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 


    次の舞台のお稽古が始まり

    お稽古にはおきものを着て行かれるそうです。


      素敵だw ♡  



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【都衿コートから長羽織】お直し

    友人の長羽織、完成しました。

    身長158㎝*羽織丈は肩から96㎝くらい。
    After
    P1030290.jpg
                 (写真色彩加工済)

    お母さまが愛用されていた都衿コートから。
    Before
         P1030223.jpg
    最近、ウチにも来てくれたトルソーちゃんに羽織ってもらいました。



    都衿コートから羽織は仕立てられないと思っていました・・・が、

    ナント、解いてみると

    たて衿に半巾38㎝×2の縫い代が入っていました。

    衿分の布がありそうなので長羽織を仕立てることに。

    そしてやはり仁井ひさえ先生の新衿継を活用させていただきました。

    コートは最終形と思っていましたが

    再生できました!




    もう10年も前でしょうか

    呉服店の方に道行コートを羽織に仕立て直して欲しいと依頼を受けました。

    “衿は背の所に継ぎが入っても良いですか?”と了解をいただき

    お預りして見ると

    表地と裏地は同じ生地、すそは輪で

    裏は肩の所で継ぎがされていました。

    羽裏という裏地はお袖分だけ。


    * 結果

    羽織衿は背中心で継ぎをせず仕立てられました。

    どう見積もりしたのか・・・

    でも裏の折り返しには継ぎが入りましたね、たしか。

    これは特例と思っていましたが

    和装コートも再生可能なものがあるようですね~(^-^)/ 



       。 。 。 。 。 。 。



    こちらはすそ。

    羽織は前身頃に前下がり(2~3㎝)を付けているので

    たたんだ時はこのようにとび出ます。

    P1030299.jpg





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【緑色の羽織コート】初めてのパッチワーク

            
    友人から頂いていた緑色の道行コート

    羽織コートにお直ししました。

    身丈は背から94㎝。

    衿丈が少ないため継ぎをしますが

    そこにひと手間くわえて

    三角形のパッチワークにしてみました。

    たて布、よこ布

    光線で見え方が違うのですね~

           P1030251_201807191444483d1.jpg


    P1030248.jpg



    Before
    P1010990_20180719144525867.jpg

    After
    P1030274.jpg


    P1030276.jpg



        綺麗に仕上がりました♡





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【身丈の短い羽織をお直し】

    横浜市にお住まいのM・Sさまの羽織コートです。

    お母さまの羽織を仕立て直しさせて頂きました。

    身丈は80㎝ほどでしたが裾の折り返しが多くありましたので

    後ろ身ごろの長いところで115㎝、お好みの長い丈に仕上がりました。

    今回“乳”の位置は肩から48㎝下げています。

    身丈が長いのと、コートとして着たときの紐位置を考慮しました。

    前回の長羽織は38㎝でした。


    基本の羽織は前下がりに仕立てるのですが

    こちらは前が上がっています。

    元の衿丈分いっぱいに使っています。

    P1030227.jpg

    衿は羽織のように折り返して着用したり

    道中着のように前を合わせて紐で結んで着用することができます。

          P1030230.jpg


    羽織の色目はこちらが近い色、濃いグレーです。

    いろんなおきものに合わせ易そうですね。

    軽く柔らかい生地(正絹)です。

    P1030233.jpg

    羽織紐は手作り品。

    正絹ちりめん(リサイクル黒留袖)

    2.7㎝巾のバイアス布96㎝から紐を作り(2本)

    毛糸中細4本どりを入れていますので、やわらかです。

    出来上がり45㎝(2本)。


         最近作った紐を付けてみましたが
         M・Sさまどうぞお好きな羽織紐を付けてくださいね。

     
    羽織とコートの両用ができるのは

    “乳”の付け方がポイント!

    ここを開けています。
    P1030236_20180715212606f22.jpg

     
      
    羽織コートはいろいろありますので

    こちらは“大渡の羽織コート”と言っていただければ・・・。

    羽織として着用できますが

    衿巾が広いので「ヒラヒラしてイヤだわ」

    と言う方は道中着としてお勧めします。

    その際は道中着の衿巾に折って留めをいたします。

    留めると衿が、ずれなくて良いですね。

    身丈の短い羽織やコートのお直しに最適。

    羽織は洋服でいうカーディガンですから

    サラッと纏ってくださいね。

         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    と、言っても連日の猛暑に・・・くらくらw( ̄o ̄)w 

    熱中症に、ご注意!



    被災地の皆さまどうかご自愛ください・・・





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【道行コート】たて衿部分お直し

    東京都大田区にお住まいのM・Sさまの夏物道行コート。

    お母さまのコートでしたが

    サイズが大きいため、たて衿付け(胸明き)をお直しさせて頂きました。

            「前回の記事」 
                    コート衿明
    色目は似ていますがこちらは袷道行コートでした。



    前回は3㎝詰めましたが

    今回は4㎝詰めました。

      Before
    ビフォー完成



            After
            アフター完成


    このくらいで丁度良さそうですね。

    身巾もかなり広いのですが、生地が柔らかいため

    さほど気にならないのでそのまま。

    必要なところだけのお直しです。

    M・Sさまはお母さまのおきものを着たいと

    着付けを習得する中で

    前は気にならなかったところが気になりだしたり

    スランプになる事もあったそうです。


    でも最近はまた楽しくなって

    和装トルソーに着せ付け練習中。


    きものを着てこちらの夏コートでお出掛けもされました。

    どうぞゆるりと楽しんでくださいね p(*^-^*)q




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    着姿のお写真 (15)
    お仕立て (36)
    お直し (41)
    長羽織 (9)
    きものコート (7)
    大渡の羽織コート (6)
    リメイク品 (10)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事