2017-10

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【甥っ子の結婚式】 (10/15)
  • 【今回は身丈も直しました】 (09/25)
  • 【帯バック&小さなおばあちゃん】 (09/20)
  • 【帯から筆巻き入れ3点】 (09/15)
  • 【道行コート裄巾直しは別布を足して完成】 (09/10)

  • 【きものサローネin日本橋へ行ってきました。】

    今日は「きものサローネin日本橋」へ行ってきました。

    仁井ひさえ先生が100体コーディネートにコートを出展されていたので。

    ご挨拶も兼ねてお伺いしました。

    今回は道中着コートの内紐 「ひさえ紐」の紹介です。


    こちらの写真は仁井ひさえ先生。後ろが変わり衿道中着。

    P1010776 - コピー

    14:00からはひさえ先生による解説・実践がありました。

    道中着コートの内紐に長い紐を一本追加することで美しい着姿になります!



    私もこの内紐はとても良いと思います! 

      * きっとキレイに

      * さらに楽に 

    コートが着られますよ。

    是非、魔法の紐を一本付けてみて下さい。

    HP和服工房ひさえで紹介されています。



    今日初めてお会いしたのに気さくにお話しさせて頂きました。

    着用されているおきものや羽織・コートも

    仕立て直しなのにそうはみえない興味深いものでした。

    もうお一人ひさえ先生繋がりから

    私、おおわたりの 「ブログを観ています」と言ってくださった○○さんと三人

    和裁の話しが尽きないですが ・ ・ ・。

    またいつか再会することを楽しみにしたいと思います。



    私は来週、長羽織を教えて頂きます。

    見本にとHPにもアップされている羽織を見本として貸して下さいました。

    きれいに仕上げるコツが見えてきましたよ!

    とても感謝です! 


    もうひとつ、きものサローネをご観覧の皆さんの美しいきもの姿。

    小紋 ・付下げ ・訪問着 ・紬 などそれぞれお好きなものをお召でした。

    あらためて*きものが好きっていう方をた~くさん観られました(*^_^*)。




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【池田重子コレクション】

    【池田重子コレクション ・日本のおしゃれ展】

    観に行ってきました。

    着物・帯・帯留 それらをコーディネートされたものにはテーマがあり、物語りがある。

    絵画を思わせる図柄。   四季を感じさせる絵柄。 

    今、この技術は受け継がれているのだろうか、素晴らしい刺繍。

    繊細な彫金や宝石の帯留。

    【豪華】と思うが、池田重子さんは【優雅】であればいいと語られています。


    池田重子コレクション・日本のおしゃれ展  場所=松屋銀座

    P1000883.jpg



    観覧中のこと。 中年の女性が若い女性に着ている着物について聞いている。

        (会場はビックリするほど着物を着た方が多い!)

    袖の振りから袖付けを見たり、裾はどうなっているの? とか

    つい わたしも話の中に入ってしまった。

    若い女性は着物を2枚重ねて、

    裾は上に着た着物より、中に着た着物を3cmほど長く見せて着ている。

    衿も重ね衿のように着る。  衿下も上手に二枚重ねている。

    中年の女性が、「着るの大変だったでしょう」

    若い女性「ええ、まあ」 

    そう言っていましたが、着慣れているようでとてもきれいに着ていました。 

    もっと聞きたかったぁ~。




    帰り 電車の中で考えました。

    昔 本比翼二枚重ね着物の講習受けたな~。 部分縫いとっておけばよかった。

    35 年前 その時でさえ

    「今はこういう仕立ての需要がないですが、技術は覚えておきましょう」  




    おしゃれを追及していくと、昔と同じように工夫された仕立てが必要とされるのだろうか。

    その技術を誰に教われるのでしょう?


    きっと現代を生きる人達が、今出来る手仕事、新しい技術で仕立てていくのでしょうね。



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (24)
    お仕立て (27)
    お直し (36)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事