2018-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【レバア、観ました】みーさん出演 (04/25)
  • 【舞台衣装】ちょっとだけお手伝い (04/14)
  • 【長羽織】小紋袷きものから (04/09)
  • 【長羽織】やはりマチを付けることにしました (04/08)
  • 【道行コートから上っ張り】 (03/28)

  • 【ひさえ紐について】

    先日のひさえ紐について

    仁井ひさえ先生からコメントをいただきました。


      「ひさえ紐を左脇の輪の中をくるくると二度ほど回し通すと落ちにくくなります。
       そのまま紐を結んでももつれたり、絡まったりしません。」


    そうですね二度通しておくと良いですね。

    間違って解けて落ちないように。


    後ろ姿がきれいなので

    皆さん是非おためしください。  ( ̄^ ̄)ゞ




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【レース道中着仕上がりました】

    友人K子さんのレース羽織を道中着に仕立て直しました。

    お母さまの羽織だったので身丈が短いこともあるのですが

    K子さんは羽織があまり好きではないって・・・。

    そうなるとコートにするしかないので…考えました。

    身丈を出来るだけ長くするために、裾の折り返し部分は洋服用の裏地。

    衿裏も洋服裏地(同系色)。

    背中心の衿巾は1寸(3.8㎝)にしました。

    変り道中着衿です。

    前裾にはゆるやかなカーブを付けて。

    洋服でも後ろ裾が長いのありますね~ そのイメージ。

    ②は基本型の道中着。

    ③が完成図。 (写真はNGなのでスッケチしてみました)

    P1010699.jpg

    裾のカーブは型紙を作ってみました。

    この型紙を置いてハサミを入れなければ進まないのですが

    なかなか思いきれず 半日!

    慎重に・・・慎重に何度も確かめて。

    なにしろ一点物ですから。

    P1010706.jpg



    頭の中で描いていたとおり仕立て上がりました(*^_^*)。

    丈が足りないからと諦めず、作りたいものもあります。



    飾り紐は 「新橋むすび」

    内紐は  「ひさえ紐」

    紐付けもこのくらいかなと想定しながら付けてみる。



    K子さんには来月会える予定なので

    その時羽織ってもらい紐の付け位置を確認できるかと思います。


    * このコートを着用するのは来春ですね。

       5月?  6月?





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【きもの衿長コート(バチ衿)仕立てました】

    呉服屋さんからの依頼。

    今日 きもの衿長コート仕立て上がり 無事納品。

    納期が一週間あったので大丈夫と思って引き受けたコート。

    思ったより時間が掛かってしまいました。 余裕があるはずだったのに・・・。  

    考えが甘かったな~ って。



    伝票の寸法は3尺4寸5分(131㎝) 長コートでした。

    単衣なので肩すべりを1尺2寸(45㎝)位付けます。 



    いろいろある きもの衿の中のバチ衿タイプ。

    このバチ衿に苦労しました。

    着物と違って衿付けの流れが短いから おくみ下がりのあたりで浮いてしまう・・・

    なので考えました!

    衿を肩のところと衿先を平らに置いて自然にカーブするように身ごろに付ける。


    このカタログのようにきれいに着られるといいのに~。 

    きもの衿コート (バチ衿)
    P1010225.jpg



    写真はセピアです。
    P1010218.jpg


    単衣は簡単そうですが、くけや留めに時間が掛かります。

       飾り紐 ・ 内紐 ・ スナップ付けなど。

    特にスナップ位置は想像力を膨らませて、この寸法の方ならこの位かな・・・。

    飾り紐は正バイアス巾3cmでループを作り芯に毛糸(中細)4本入れました。  【新橋むすび】 

    内紐は共布で 【ひさえ紐】 です。

    P1010213.jpg




    コートは試着することが大事かと思い

    できれば着用されたところをみて紐の位置を決めたいですよ。

    呉服屋さんから戻ってきたことはないので

    みなさんは 「こんなもんかな・・・」 と思って着ていらしゃるのかも?



    私は小さなところに拘るので

    もう 数センチ上だったり下だったり

    もう 数センチ広くしたり狭くしたり

    難しいですがピッタリ仕上がっていると、なんとも気分が良いものですよね。

    なにより 美しいきもの姿であってほしいから。



    こちらは 【新きもの衿】 
    仕立て上がっているのですが 紐付けを直してから紹介したいと思います。

    P1010224.jpg





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【道行衿コート仕立てました】

    一枚は持っていたい基本の道行衿コート。

    最近 人気なのはきもの衿コートと聞きますが・・・。
     

    私は長年 着物専門に仕立てをしてきたので 「コートもまかせて」 とは言えませんが

    呉服屋さんから依頼を受けるようになりました。

    コート仕立て屋さんが少なくなったそうです。



    道行衿コート

    P1010133 - コピー


    道行衿が角型なので、たてえりのすそも角が調和すると思います。  

    (角がいたんだら丸みを付ける)



    数年前 初めてお客様のコートを縫ったのはリバーシブル道行衿です。

    見本のコートをお借りてそれを見ながら部分縫いをして・・・  ドキドキしながらの挑戦でした。

    P1010169.jpg


    他に私が縫えるコート衿

      * きもの衿

      * 新きもの衿

      * 富貴衿 (2015/11/5 大島紬コート)  

      * 道中着   (2015/11/24 カシミヤコート)


    勉強用に買った反物は 新きもの衿リバーシブルコート に仕立てました。

    まだ【ひさえ紐】を知らないときに仕立て上がっていたので

    内紐を付け直してから紹介いたします。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【カシミヤコート】

    千葉県松戸市にお住まいのN様のカシミヤコート。

    P1000761.jpg


    N様のお母様が「この生地で着物コートが一枚仕立てられるからね。」 と

    言われて、残してくださった生地。  W巾×2m45cm

    道中着に仕立てました。

    既製品で販売されているような衿があり、ボタンで留める仕立てはできないので。。。


    P1000561.jpg

    裏地は先月、日本橋の呉服問屋さんで購入した正絹長コート用生地。

    P1000576.jpg


    ここは袖付け、ミシンで縫います。(縫い目を割る所は全部ミシン)

    まっすぐ縫うのはミシンのほうが難しいかも!  しつけ~ 大事!

    P1000759.jpg



    飾り紐は【新橋むすび】

    内紐はひさえ様が考案された 【ひさえ紐】 にしました。 (投稿許可頂きました)

    私が知っていた紐付けは

    下前に付けた長~い内紐を、お太鼓の後ろに回し右脇 (紐が通るように開きを作る) から出して

    上前の紐と結ぶ。  でした。

    【ひさえ紐】 は右脇の裏に長い内紐(2尺5寸位)を付け、後ろを通って左脇で下前の内紐と結ぶ。

    分かりやすいように白い紙を置いてみました。

    P1000772.jpg

    P1000774.jpg


    これはとても良いです!

    うしろ姿もきれいだし、脇で結ぶ内紐がつって着た時に出る、たるみやしわが無い。

    またひとつ勉強になりました。 

    ひさえ様 ありがとうございます。 
                         

    この道中着の衿巾は3寸なので、折って着るのですが

    もどってしまうという事なので、丁度良い所で折り [ちどりぐけ] で留めてます。

    P1000778.jpg



    カシミヤコート

     しなやかで 光沢があり、きっとあたたかいですね。。。

    衿もとにショールなど巻くと寒さなんか、何の其のですね。。。


    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (34)
    着姿のお写真 (12)
    お仕立て (31)
    お直し (39)
    長羽織 (7)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (3)
    リメイク品 (9)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事