2017-05

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【 きもの仕立てについてのお問合せは Y・I 先生からでした】 (05/20)
  • 【絽小紋と絽羽織のお直し】 (05/15)
  • 【注目されている和裁技術】 (05/04)
  • 【東京キモノショーを観てきました】 (05/03)
  • 【木綿きものを試着して感想いただきました】 (04/19)

  • 【玉ねぎの皮で染めてみました。いい色になった~!】

    ふっと(!) 思いたって玉ねぎの皮で染めてみました。

    思い出のきものです。

    和裁技能士の実技試験を受けた時に仕立てたきもの。

    用意するきものは決められた時間内で仕立てるため、一番に縫い易い事。

    その時選んだのは柄も好きな反物でした。

    ただ数十年も立つと白い地色が黄変してきて古さが否めなく・・・

    解いて小物を作ってみたりして・・・


    以前 テレビ番組内で玉ねぎの皮で染めると言っていたのを観て

    染めてみることにしました。



    早速 ネットで検索すると分かり易い記事がありました。     【玉ねぎの皮での染め方】
    P1010262.jpg

    玉ねぎの皮 100グラム。  (コツコツためていました)
    P1010260.jpg

    専用のなべで玉ねぎの皮を煮出して色が出たら取り出す。

    布を入れて10分ほどカクハンする。

    色止めのため [水4㍑ ・ 焼ミョウバン10g ] につけているところ。

    P1010266.jpg



    少し染めムラができましたが、OK です!

    生地の状態の良いし

    【うこん色】 のような良い色になりました~。

    P1010270 - コピー




    これから何を作るかは未定。

    きものを仕立てるだけの丈はないので・・・

    あれこれ考えます。  かんがえるの楽しい~!





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【紬染める】

     *紬の着物*

    柄のオレンジ色が派手なので、解いて染め直すことにしました。

    普段着なのでダイロンで染めちゃいます。

    P1000353.jpg


    着物を染めるのは初めてなので、ダイロンカラーセンターに問い合わせすると

    丁寧に教えてくださいました。

    ◎マルチダイロンがいいこと。

    ◎準備するものに塩とありますがその代わりに酢(350cc)を使うこと。

    ◎手順は説明書どうり行う。

    ◎最後は色止めをすること。


    ●用意するもの

    ①マルチダイロン(色は19番)

    ②カラースットプ

    ③容器(直径30cmを使いましたがもう少し大きい方がいいです。)

    ④染料をとくための容器

    ⑤さいばし

    ⑥ゴム手袋

    ⑦酢(穀物酢)350cc

    P1000551.jpg
    P1000544.jpg



    ダイロンさんは以前、きもの雑誌に記載したこともあったそうで

    半襟など染める方がいらしゃるそうです。

    きもの-03



    落ち着いた色になってよかった。

    カラーストップは一度乾かして染まり具合をみてからしました。

    仕事着の作務衣を作ろうかと思いますが、

    これからブームがきそうな対丈の着物もいいな~!


    染織家の方からみると、なんて乱暴なことを…。

    と、思われるかもしれませんが30年もタンスの中で

    出番を待っていたのだから***



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (21)
    お仕立て (23)
    お直し (27)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事