2017-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【木綿きものを試着して感想いただきました】 (04/19)
  • 【木綿きもの、居敷当は正絹を付けてみました】 (04/17)
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し完成】 (04/10)
  • 【羽織まち上のきれいな仕立て&袖口下】 (03/25)
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し】 (03/17)

  • 【きものリフォームの専門アドバイザーさんのお話を聞いてきました。】

    最近、きものの魅力に目覚めた友人のK子さん。

    「自分で着れなきゃ」ということで着付けを習う事にしました。

    練習用のきものはお母さまのおきものを染め変えたり寸法を直す事に。

    長襦袢は私が反物から仕立てる事に。

    やはり練習用でも正絹のほうが着易いと思うので

    正絹でいしき当て付の無双袖にしました。(仕立て中)

    柔らかく縫い易く、七宝文様がきれい~!

    P1010674.jpg



    先日、日本橋にある呉服卸問屋・辻和さんにて

    きものリフォームの専門アドバイザーさんのお話を聞いてきました。

    K子さんがきものやコート・羽織を数点持って

    相談に行くというので同伴させてもらいました。


    リフォームについて解ったこと。

    * 染めると詰まりやすい生地。

    * 柄の部分的に染まらないところがある。

    * 現状より濃い色に染める。

    * 染め色見本があるので選びやすい。

    * 撥水加工してあるものはその加工を取ってからでなければ
      染めたい色は入っていかない。 (撥水除去作業 ¥6500)

    * コートからきものや羽織には直せずコートは最終形。

    * レース羽織の丈を長くしたかったのですが問題の衿の縫込みが無いため長くできず。
     
       このレース羽織すてきなのでなんとか着られるようにしてあげたいと思い
       わたしが預かってきました。  ただいま思案中~。


    今回はきものとコートの2点を洗い張りから仕立てまでお願いしました。

    ○ 丹後ちりめん小紋袷。

       きものは染めあがってから八掛の色を合せて購入。

       お直しすることでイメージが変わり、また新鮮な気持ちで楽しめますね。

    ○ 道行コートは元より濃い色に染め変えて身丈を長くする。


    直接、職人さんのお話を聞けて改めて勉強になりました。
     
    きものを染め直したり。

    きものを羽織にしてみたり。

    羽織をコートにしてみたり。

    帯にしてみたり。
     


    [会員制] 呉服卸問屋・辻和さんにて

    相談コーナーは17日まで開催しています。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【きもの男子】

    以前から着物が着たいと希望の息子。

    夏、ゆかたの仕立ては間に合わずに既製品を購入。

    お正月に向けて急いで仕立てようと、反物を買いに着物問屋さんへ

    初めだから、お手入れがしやすいように【シルック】にします。

    色の好みはグリーン系。(極力グリーンに近いもの)  後は任せるって。。。

    小さな花柄だけど、遠目には無地っぽい。   生地巾が一尺あるので、裄分はあります。

    五歳の祝い着以来、息子の着物と羽織仕立てます。。。


    P1000800.jpg
    P1000803.jpg


    羽織用反物。  羽織紐。  

    羽裏はまだ決まらず。
    P1000805.jpg





    呉服問屋さんは平日なのに、お客さまが多かったですね。(売り出し中だから!)

    5~6人のグループの女性たち。。。  楽しそうに選んでいます。

    私が会計待ちをしているころには、また着物を着た女性たち 6人のグループ来店。。。 



    他に七五三の着物をクリーニングに持って来る方、お孫さんが 5人いて順番に着せているそうです。

    こちらの呉服店で購入した着物は、5年間クリーニングが無料。



    お店は5階まで商品があり、階段にもお買い得なものがあるし。。。

    なんといっても、お店の方が付かず離れずなのでゆっくり見られるのがいいんだな~。



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【呉服問屋さんへ】

    昨日、日本橋の呉服問屋さんへ行ってきました。

    コートの裏地がほしいためです。

    呉服問屋さんは数年ぶり。 丁度 売り出し中!
     
    N様とご一緒しました。



    千葉県にお住まいの N様からの依頼です。

    ご主人の大島紬アンサンブル

    【一枚目】着物は、八掛裏地はそのまま使い女物着物に仕立て直し。

    【二枚目】羽織は、コートに仕立てて貰いたいとのお話です。



    裏地は大事なので、表生地を持っていき合わせて選んで頂きました。

    これは羽織と裏地。

    P1000579.jpg



    【三枚目】カシミア生地 (W幅 2m45cm)は、お母様が「この生地でコート一枚作れるよ」と

    残してくださったもの。

    P1000561.jpg


    正絹で長コート用の裏地を選びました。

    ポリエステル生地より静電気がおきにくいかと思います。

    P1000576.jpg

    カシミアコートは既製品のように仕立てられないですが

    着物仕立て屋が、作るコートということで縫わせて頂きます***。



    仕上がりは暫くお待ち下さい。


    お目当ての裏地を、沢山ある生地の中から選べて良かった。

    しかもお手頃価格 !



    後は、おなかもすいたところでランチですね。。。

    問屋街なので、特におすすめの所はないようですが

    ランチは充実しているということで

    *焼肉定食いただいちゃいました。
     
    *美味しかったですよ。


    N様、お疲れさまでした。

    大切なお着物お預り致します。


    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (19)
    お仕立て (22)
    お直し (26)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事