2017-06

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【きものを寝るときに着ているって!】 (06/25)
  • 【新之助上布さん、お仕立てしました】 (06/24)
  • 【しつけについて】 (06/17)
  • 【ベージュ色?肌色?・・・和色名は花葉色】 (05/27)
  • 【 きもの仕立てについてのお問合せは Y・I 先生からでした】 (05/20)

  • 【七五三のお祝い*笑顔かわいいなぁ~】

    以前、女児宮参りのきものを三歳の七五三で着られるように

    お袖に丸みを付けました。

    そのお子さまのお写真です。

    笑顔がかわいい~    「出張こども撮影 ainoko」 大木ちはるさん撮影。

                 1七五三袖丸み

    七五三袖丸み

    ご希望の場所で撮影なのでより自然な笑顔が良いですね~(*^_^*)。




     ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

      

    昨日もお袖の丸み付けました。

    宮参り祝い着は袖口下が縫われていないので

    袖口(15㎝)から下をくけて丸み(7.5㎝)を作ります。

    袖ふり


    今回、襦袢のお袖は二重袖だったので丸みは2つ。

    袖


    袖2

    きものの丸み2つ。

    襦袢の丸み4つ。

    合計6つの丸み作りました。

    丸みは2寸(7.5㎝)で同じ大きさです。



    お子さまの健やかな成長を願いこれからも愛情を持って見守っていく。

    お子さまとご家族の笑顔を想うと

    わたしも安堵と共に幸せな気持ちになります(*^_^*)。






           

    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【女児宮参り祝着を三歳祝着にはお袖に丸みを付けて】

    今日は思いがけない巡りあわせで

     【出張こども撮影 ainoko】 さんの撮影現場を見せて頂きました。

    七五三のお祝い撮影。 (神社にて)

    お子さまとご両親はおきものでした。


    かわいらしく、おすまししたり

    多少動きづらく窮屈でも我慢したりして。

    ご両親もお祖父母さまも微笑ましく見守っていらしゃる。

    小さなお子ちゃまは無条件にかわいい!。


    「出張こども撮影 ainoko」 さんはお客さまの希望する場所で

    写真撮影をしてくれるので、より自然な様子が撮れるんですね~。

    リラックスして楽しそうに撮影されていました。


    今日は

    「出張こども撮影 ainoko」 さんより依頼を受けていた

    三歳祝着の肩揚げ・腰揚げと袖に丸み付けたおきものをお届けしました。

    女児宮参り祝着を三歳祝着に着るために

    袖口下を縫って丸み(2寸)を付けましたよ。

    きものの上にはお被布を着るそうです。


    P1010694.jpg


    P1010690.jpg

    上の写真は丸みを付ける前。

    下は丸みを付けた写真。

    P1010689.jpg
     
    このおきものを着用しての撮影は来月だそうです。

    「撮影写真の投稿許可を頂いたら、どうぞ使っていいですよ」

    と言ってくださったので ・ ・ ・ かわいい写真をアップできるかも。

    指定の寸法にしましたが、着用したときはどんな感じかな。

     *  たのしみ~ *






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【七五三祝い着】

    七五三祝いのお宮参りは、おもに11月15日と言われていますが
    10月中旬~11月後半の良き日を選んで、お参りされる方が多いですね。
    この着物は娘が3歳の時の祝い着。

    P1000643.jpg


    33歳の私が上手に縫っていました。
    (自分で褒めちゃいます)

    着物の袖口、すそに綿を入れ
    被布の衿、袖ぐり、すそにも綿を入れてふっくらさせています。
    この時、被布を縫うのは初めてで、本を見ながら縫ったんですね。

    今の時期、呉服店から依頼としては、祝い着の肩上げ、腰上げ、半襟付けがあります。

    最近知った事。
    実は持っているのに、よく読んでいなかった本に肩上げの仕方が書いてありました。

    P1000609.jpg

    後身頃の上げ位置をななめになるようにする。
    これは形が良さそうなので、以後このようにしていこうかと思います。

    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (22)
    お仕立て (24)
    お直し (29)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事