2017-07

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【帯地から硯入れを作る】 (08/21)
  • 【身丈が足りないきものは羽織ものに如何?】 (08/16)
  • 【カトレア柄の付下げ】 (07/26)
  • 【裄巾直しは別布を足して】 (07/17)
  • 【万筋小紋完成】 (07/15)

  • 【カトレア柄の付下げ】

    きれいなカトレアの柄。

    M・Sさまの付下げ、身巾直しをしました。


    「カトレア柄のきものは着る時季ってあるのですか?」

    と訊ねられたのですが

    わたし、分からなかったので調べてみました。

    すると洋花であるカトレアは一年通して着て良いそうです。

    バラの柄もそのようです。

    P1020367.jpg







    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。




    汗っかきのわたしはハンカチ、タオルは欠かせません。

    これも重宝しています。

    アームカバー 
             P1020375.jpg

    じつは先日、同じように手首に付けている人を見かけました。

    同世代の人で、手作りっぽい。

    これを良いと思うのはわたしだけではないんだ~。


    市松柄手ぬぐい(さらし)一枚から二個作ります。

    使う時は片方の手首デス


    汗を取りやすいように生地をピッタリ折らずに

    ふわりと柔らかくなるように生地をずらしながら縫いました。

    手芸用の細いゴムを入れて出来上がり。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【裄巾直しは別布を足して】

    I先生の道行コート。

    未着用でしつけが付いたまま戴いたそうです。

    身巾と身丈はそのままで良いのですが

    裄が足りないようです。

    縫い代も少ないのでここで裄を多くすることはできず。

    きもの袖巾は9寸3分なので

    コートだから+3分(1㎝)にしたいですね。



    P1020335.jpg





    このコートのご相談を受けた時に縫っていたのが

    森知子さんの「長羽織」でした。

    「こういうふうに別布を足して裄巾を多くするのは如何ですか?」 と

    提案させていただくと

    「良いですね!」

    後日、早速残り布を持って来てくださいました。

    同色で丁度良い色合いですね。

    迷うのはどこに足そうかということ。


    P1020353.jpg


    一色で袖口側にするか?

    片方は振り側にするか?

    二色をそれぞれ袖口側か振り側にするか?


    P1020343.jpg


    うふっ 楽しいですね~ どうしましょうか。

    もちろん、ご本人のご希望で決まりますが。


    裏地の巾も足りないので袖口側に裏地を足します。

    なのでお袖は初めから作り直しになります。



    正絹なのは分かるのですが、生地の名は・・・?

    軽く柔らかで、さらさらしているので着易そうですよ。


      * 箪笥の中で出番を待っていた一枚がよみがえりますね(*^_^*)。








    大好きな「ソラニハナ」さんのブリザーブドフラワー。
    昨年、作っていただいたアレンジ。

             mukawa.jpg





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【万筋小紋完成】

    I先生の万筋小紋仕上がりました。

    P1020314.jpg



    仕上げは布板(ぬのばん)に挟んで圧しをします。

    昔のようにしっかり圧しはせず、軽くします。


    たたむ時は紙を挟んで折りジワ防止。

    和裁所では新聞紙を挟んでいました。

    新聞紙の印刷のインクが写るのでは・・・?


    写らないのですね~。


    適度に湿気を取ってくれるってこともありそう。


    そう思うのですが・・・わたしは包装紙にしています。


    P1020339_2017071614262159f.jpg













    挿し木でよく増えます、これは 4鉢目。
       ライム・ポトス
             ポトス






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (23)
    お仕立て (25)
    お直し (33)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (17)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事