記事一覧

【一つ紋色無地を染め直し】

先日に続きY・Kさまの一つ紋色無地。元はピンクの地色を藤色に染め直しこのようにきれいに甦りました。地模様に青海波(せいがいは)。波は後身ごろ・前身ごろ全部、上向き。ゆるやかな波のように平穏な暮らしを願うという意味から “吉祥文様” と言われています。お話しを伺うと染め直しをするためにはいくつもの工程があるそうです。・洗い張り・脱色・引染・再練・染み抜き       (順番は違うかもしれません)   ...

続きを読む

【訪問着*柄の色を染め直し】

都内にお住まいのY・Kさまの訪問着。「若い頃のきものなので柄が派手かしら。」と躊躇されていましたので呉服卸問屋辻和のきものリフォーム相談会をお知らせしました。年に3回ほど開催されて、悉皆の職人さんが相談に乗ってくださいます。今年4月のリフォーム相談開催日、お店に出向きリフォームをお願いしていました。訪問着の地色のクリーム色はそのまま「工芸修正」という技法で柄部分の色を染め直し。*元は赤色!だったと...

続きを読む

【帯地から硯入れを作る】

昨年の9月、宮代マルシェに出展しましたティッシュケース。この時、書道家の柴田春賞先生がティッシュケースを見て先生 「これに硯を入れたいのだけど・・・入るかしら。」 私 「大きさが分かれば合わせて作り直しますよ。」そんなお話しをして出来上がったのが、こちらの3点。硯入れ 2点。 「印」などを入れられる小物入れ 1点。       【龍渓硯】(長野県)   翠川季石 刀故人のため新な作品は手に入らない...

続きを読む

【身丈が足りないきものは羽織ものに如何?】

M・Sさまのおきものについて。身巾と裄をお直しするのですが数枚お預りしています中の一枚だけ身丈の長さが・・・測ってみますと8cmほど短い。腰ひもを結ぶところに別布を足すこともできますが。ふっと カトレアの花と同じむらさき色だと気が付いて合わせてみました。羽織ものにいかがでしょうか?* 付下げ          こちらにも合いそうです。* 付下げ小紋  「菊菱」・加賀前田家の定め柄 * 辻が花訪問着...

続きを読む