2018-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【レバア、観ました】みーさん出演 (04/25)
  • 【舞台衣装】ちょっとだけお手伝い (04/14)
  • 【長羽織】小紋袷きものから (04/09)
  • 【長羽織】やはりマチを付けることにしました (04/08)
  • 【道行コートから上っ張り】 (03/28)

  • 【長羽織*接ぎの目立たない羽織衿】

    昨日 仁井ひさえ先生の

    きものから再生の長羽織の授業を受けました。

    接ぎが目立たない羽織衿 

    きれいに仕上げるコツを教えて頂きやはり見ただけでは解らない 

         *必見ですよ!

    P1010782.jpg


    大事なのは羽織衿の接ぎ。

    ここがポイント!

    今回はきもののかけ衿と地衿を接いで芯を入れて作ります。 

    この辺は再生に使うきものによって違ってきますね。

    なんとか衿を折ったのでこれから身ごろに付けます。


    いろいろ和裁の話を交え

    楽しく学ぶ事ができました。



    この日 ひさえ先生のお召し物が素敵でした。

    写真を撮り忘れ残念!

    *真綿入り長羽織。 中には矢絣柄きもの風の服は

    きものっこさんの作品 「tantankimono」 。


    わたしも作ってみたくなりました(*^_^*)。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●

    Re: タイトルなし

    はい!話したいことが沢山あるので時間は足りないくらいでした。
    衿を作ってしまえば付けるのはいつもと同じなので
    話で脱線しながらも羽織衿は折りました。
    昨日仕上がったのであと写真がうまく撮れたらアップしますね。
    ランさんの意識の高さはすごいですからすぐ上達しますよ!
    またお話したいです(*^_^*)。

    ひさえさんの個人授業を受けられて羨ましいです。
    あっという間に時間は過ぎたんでしょうね。
    私は、高度な技術を聞いてもチンプンカンプンです。
    まず、基礎をしっかりと、学ばなくてはe-271


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/100-f06eac8b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【長羽織完成*初自撮り】 «  | BLOG TOP |  » 【長羽織にポケット付けました】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (34)
    着姿のお写真 (12)
    お仕立て (31)
    お直し (39)
    長羽織 (7)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (3)
    リメイク品 (9)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事