2017-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【木綿きものを試着して感想いただきました】 (04/19)
  • 【木綿きもの、居敷当は正絹を付けてみました】 (04/17)
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し完成】 (04/10)
  • 【羽織まち上のきれいな仕立て&袖口下】 (03/25)
  • 【付下げから長羽織に仕立て直し】 (03/17)

  • 【綿入れはんてん】

    綿入れはんてんといえば

    昔、お祖母ちゃんが作ってくれて・・・暖かかったな~。

    という思い出がある方がいらしゃいますね。

    もう 6.7年前の事です。

    わたしが和裁をしていることを知ったOさんが

    綿入れを作って欲しいときものを2枚持ってきました。

    Oさん「冬は綿入れ生活なのよ」

    わたし「和裁学校で丹前は縫ったけど数十年前の事だから・・・」

    (縫ったことないんです・・・)

    でもOさんの熱望に応えてその時は2枚仕上げました。

    わたしは北海道育ちですがあまり綿入れは着ず

    唯一持っていたモスリン地に青梅綿入りのはんてんを手本にしました。

      (岩松マス著 和裁裁縫後編 綿入れが詳しく載っています)

    モスリンは軽くて暖か! 青梅綿は薄くて軽いさらに暖かい!

    これらは昨今手に入りにくいらしく

    隣町の布団屋さんで伺うと今は青梅綿製造していないため

    はんてんには中入れ綿を使うそうなので中入れ綿を購入。

    それと真綿。

    3枚あると良いでしょうか。

    真綿を入れると中入れ綿が割れにくいそうです。

    これをグイーーーンと延ばすのです。

    P1010845.jpg


    手と足も使って奮闘しましたよ。

    縫いなれないものなので中々大変でした。



    その後ご家族の分としてさらに2枚依頼を受け、合計4枚。

    その中で良かったのが紬のきもの。

    きものを解いてみると2度は縫い直ししているらしい切込みやへらの印あり。

    でも生地が柔らかくなっていて綿を入れると

    ふんわりとてもやさしく包みこんでくれるものでした。

    4枚分の綿入れなので

    身丈はおしりも包み込む長い丈や

    上が短め、下はスカートにしたりと自由に作らせて頂きました。



    それならわが家にもと、縫ったのがこちら。

    リサイクル店からちりめんの羽織を購入。

    身丈は60㎝。 スカートは46㎝と短めです。

    上下に分かれていると動きやすいかな~と思って。

    ちりめんが柔らかいのでふんわりしています。

    最近かけ衿に良さそうは紬のハギレを見つけたので付けてみました。

    P1010835.jpg



    P1010840.jpg


    じつはスカート未完成です。

    ウエスト調節付のテープを付けようか

    ただウエストゴムにしようか・・・思案中(^^)。





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●

    Re: タイトルなし

    ランさん、ありがとうございます。
    袖は短めでゴムを入れました。
    暖かいいんですよ。暖かすぎて着ていないです。
    見本として取っておきます。
    今なら綿入れる時、だれかに手伝ってもらわないと出来ないですきっと。

    可愛いはんてんですね。
    母が、昔、近所の方に頼んで作ってくれましたが、家事仕事をする時
    袂が邪魔と、綿が入りすぎで着ませんでした。
    この、筒袖?、綿の厚みでしたら普段、着られますね。
    ポッケトまで付いて、重宝間違えなしv-218


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/106-ceb1c9b4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【シルック小紋袷お仕立て致しました。】 «  | BLOG TOP |  » 【地元の「紫マルシェ」で和小物初出店】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (19)
    お仕立て (22)
    お直し (26)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事