2018-06

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【縫い目落とし】昔に有った羽織の仕立て方 (06/09)
  • 【絹のアームカバー】白大島紬から (06/01)
  • 【琉球かすり*Y・Kさまの着姿】お写真送って下さいました (05/29)
  • 【琉球かすり単衣】 (05/28)
  • 【長羽織】ひさえ先生の和裁教室 (05/25)

  • 【袷きもの裄直し&広衿の引き糸】

    前回と同じく上尾市にお住まい、 Yさまのおきもの2枚裄直しです。

    1、正絹小紋袷の裄は縫い代があったので

    4㎝長くすることができて 裄 68㎝。

    折りスジもほとんど分からずきれいに仕上がりました。

    P1020050.jpg

    広衿は半分に折って着用するので

    スナップを付ける事が多いですが

    こちらは引き糸が付いていました。

    P1020041.jpg





    2、シルック付下げ袷の場合は

    表地の巾はあったのですが、裏地の巾が少なくて

    裄 67.5㎝ と少し短いです。

    折りスジも正絹のように消すことはできず

    光線の加減でスジが見えるところもあります。

    P1020044.jpg


    こちらのおきものの広衿には何も付いていなかったので

    引き糸を付けさせて頂きました。


    今迄、数件の呉服店からお仕事を受けてきましたが

    引き糸にするところは 1 店だけでした。


    記憶を引き出して ・・・ たしかこういう風に付けましたね。


    P1020049.jpg

    使う糸は 「絹穴糸」

    P1020051.jpg




    もちろん [スナップのほうがいいわ」 と言われる方には

    スナップをお付け致します。


    ただ、スナップは年数が経つと青いさびや茶色のさびが付くことがありますね。

    布でくるんで付けるようにしています(^^ゞ。





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/124-7ae58ac2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【仁井ひさえ先生和裁教室開催のお知らせ】 «  | BLOG TOP |  » 【2回目「舟形コースター作り」講座終了しました】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    着姿のお写真 (15)
    お仕立て (33)
    お直し (41)
    長羽織 (8)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (4)
    リメイク品 (10)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事