記事一覧

【アイロンはジュでなくピシッ】

大事な、しごと道具 “こて”

こての温度は指先に水(つば)を付けてピシッという位がいい。

     P1020893.jpg

温度調整がうまくいかなくなってきて・・・

さすが年季が入っているから。



でも大丈夫です。

友人Nさんがゆずってくれました。(上の写真)

「2台持っているから、1台送るよ~。」

1台は和裁仲間Yさんが和裁を辞めたときに

Nさんが貰ったそうです。


Yさんも和裁学校から和裁所

そして技能士の試験合格も一緒でした。

すごいのは小学生2人のお子さまをもつママだったこと。

和裁講習会があると裁縫道具一式持って会場まで行くのですが

息も切らさず地下鉄の階段を上がりきるのでした。

若いわたし達はフーフー言っているのに。


そんなパワフルなYさんの“こて”を頂いたのだから・・・

まだ、がんばらなきゃ。


NさんはOLをしながら夜間、和裁学校に通っていました。

そして数年後には、1級和裁技能士として独立。  カッコイイ!


きれいな“こて”だなと思ったら

二人とも2台目だそうです。

わたしのは赤いランプが付いていない

そう、古くてヒドイので写真は控えます。

でもこれまで30数年持ちこたえたのは

電気や機械に明るい夫くんがいたからですね。

幾度も修理してもらいました。

木製の持ち手とこて部分が外れたりするんです。

昔、飼っていたねこは地のしアイロンのコードが好きで

かむから危なくて、コードも交換しています。


みんなのおかげさまです、ありがとう♡



      ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



ファー付きイヤリング

      P1020770.jpg




コメント

コメントの投稿

非公開コメント