記事一覧

【黒お召長羽織】

横浜市在住のM・Sさまの長羽織です。

お母さまの黒お召袷きものから仕立て直しをさせて頂きました。


お子様の入学式・卒業式はおきものでご出席。

お嬢さまの成人式や卒業式の着付けも愉しまれたそうです。

そして、ここ数年はご自身がおきものを着て

お出掛けするのが愉しみなM・Sさま。

                        仁井ひさえ先生考案の
                        長羽織衿でのお仕立てです。

                        HP和服仕立人ひさえ 
                        ブログからご覧ください。

P1020922.jpg

袷きもののとき、裏はもめんとモスリンでした。

単衣きものに仕立て直すかも迷われましたが

やはり軽く、はおり物として単衣羽織に。

羽織丈は肩から110㎝。

お好みの長い羽織丈に仕上がりました。

ひさえ先生の羽織衿だから出来るのですね。


脇縫いだけはコート仕立てのようにミシンで縫って割っています。

スッキリさせたいのでまちもポケットも付けず。

まち布は裁ってありますので、また付けることも出来ます。


裄は布巾いっぱいで 69㎝。

はおり物だからもう+1㎝は欲しかったのですが・・・。

でも少し補える方法を知りそのように袖付けしてみました。


先日解き物をしたときに見た袖付けがヒントで。

やっぱり解きは教材にナル。




柄は “ねこやなぎ” 

P1020929_201802161540247d2.jpg

着用はちょうど今の時期でしょうか。

春先はお忙しいと思いますが

どうぞ、羽織ってお出掛けしてくださいね(^^)





コメント

コメントの投稿

非公開コメント