記事一覧

【道中着お直し】後ろ姿がきれいな“ひさえ紐”

道中着のお直しいたしました。

みーさんのコートです。

紫がかった紺色、うっすら市松柄。

良い色ですね。


P1020959.jpg



道中着なので “ひさえ紐” 付けるのをお勧めしました。

P1020957.jpg

手前が右脇の内側。

左脇に付いている紐は輪にします。

ひさえ紐(87㎝)を右脇に付け、左脇の紐に通します。

そして下前の紐と結ぶ。

後ろ姿がゆるくきれいな着姿になりますね。

一本の長い紐、後からでも付けられますよ。


コートは身巾と裄のお直しでした。

スリムなみーさん。

後巾と肩巾の差の関係から

出来るだけ身ごろが、ブカ付かないように

かつ、縫い代がつらないように気を付けました。


日中は暖かでも朝夕にはコートが必要ですね。

舞台のお稽古、ガンバっていらしゃると思います。

楽しみ p(*^-^*)q




     ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。





ぬい針もまち針も
   研磨あげ針 四ノ二 25本入
     
    P1020940.jpg




コメント

Re: ひさえ紐

ひさえ先生、ありがとうございます。
紐を回し通すと良いのですね。
わたしのブログ記事で良ければどうぞアップしてください。
今度、新羽織を持って行きますので感想をお聞かせくださいね。

ひさえ紐

いつもありがとうございます。
ひさえ紐を左脇の輪の中をくるくると二度ほど回し通すと落ちにくくなります。
そのまま紐を結んでももつれたり、絡まったりしません。
この記事もですが、前回の新羽織の衿の記事もブログにアップさせていただいてよろしいですか?

コメントの投稿

非公開コメント