記事一覧

【舞台衣装】ちょっとだけお手伝い

着物と和裁」 みーさんの舞台衣装。

18日から西瓜糖第6回「レバア」公演が始まります♡


衣装担当の方がイメージにあった色柄のきものを

用意されたのですが・・・ 単衣。

ストーリーからして袷を着用したいところらしく

袷に見えるように胴抜き仕立てにしよう!と、なったそうです。

そこでおおわたりの出番。


胴抜き仕立てとは

袷に見えるよう、袖口・衽・裾・衿先に八掛を付ける。

胴裏も少し使います。


出来るだけ早く欲しいということで

わたしが持っていた中古の八掛を使うことになりました。 
               (手洗い済)

昭和初期、ふだんからきものを着ていた時代

また、物が無かった時代

だからきれいより、生活感があるものでいいということでした。

P1030022_201804141855220ca.jpg

・身ごろは袷と同じ八掛分を付けて

写真のように胴裏も足しています。

・袖口はふつうに八掛

振り側には胴裏を巾16㎝くらいで付けています。




もう一枚は引き着。

引き着の写真お借りしました。
717906_ty50009.jpg

   ・お仕立てしたのではなく身丈を直しただけですよ!
    残念ですが引き着仕立ての技術はもっておりません。

上の写真のようにおはしょりはせず裾を引いて。

このようにするため黒留袖の身丈に20cm足し布をしました。

おはしょりをしない分、衿丈は短く。

一緒に送って頂いた引き着の見本と

わたしの持っていた本から割り出してみました。

P1030023.jpg


8日にお届けすることが出来ました。

本番の衣装を着て通し稽古もされていると思います。



わたし、チケットはしっかり確保できました ♡


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


ブログ記載許可いただいています (^^ゞ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント