記事一覧

【長羽織】ひさえ先生の和裁教室

仁井ひさえ先生がきものから長羽織への仕立てを伝授してくださいます。

和裁教室の生徒さんを募集しています!

    【新衿継長羽織

こちらはひさえ先生のお仕立てです。

小紋きものから長羽織
     ひさえ羽織


羽織衿の作り方にはいくつかのポイントがあります。

是非、ひさえ先生に教わってください。

和裁経験がある方でしたら前もって身ごろを縫うなど準備をして置き

受講3時間内で仕上げることが出来ますよ。

わたしの場合、つい他の和裁話に脱線して“くけ”が残ってしまいましたが・・・

先生とのおしゃべりが楽しかったので。


わたしの家は埼玉県で最寄駅までは2キロあります。

都内からですと1時間半~位かかりますが先生に御足労頂きました。

ご縁がありこの技術を教わることができましたことに感謝しております。

長い羽織丈がお好みの方に喜んで頂いていますし

きものが新たな形となってよみがえります。

また、着装の巾が広がりますね。
   

   * おしゃれアイテムに長羽織を一枚いかがでしょうか♡

   * 多くの和裁士さんに“新衿継長羽織”を知って頂きたい。




     ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。




      P1030081_20180525112052613.jpg





コメント

コメントの投稿

非公開コメント