記事一覧

【きものからワンピース】

音楽療法士・鈴木玲子さん。

数年振りに再会しました。

子どもが幼稚園からのママ友です。

久しぶりに会った彼女は

音楽療法士として積極的に活動し

しっかり将来を見据え自立した女性になっていました。


お母さまの形見のおきものはどうしたら良いか分からず

そのまま実家に置いたままでした。

わたしが簡単な洋服なら作れるけど~と言う会話の流れから

ワンピースを作ることなりました。

う~ん 裾が長いのでドレス。


バイオリンを演奏の時、袖は無い方が良いとノースリーブ。

     P1030183.jpg

帯から作った広幅ベルトは

わたしから、提案(おしつけ?)。



単衣のおきものでしたが仕立て直しの跡がありました。

紋入りだったものを見えないように直して

身丈も出来るだけ長くしてありました。

P1030128.jpg

解いて洗うと布巾が5㎝ほど縮ましたが、丈は変わらず。



衿ぐりの見返し部分の型紙

生地が足りなかったので手持ちの八掛布(正絹)を使いました。

        DSC_0066_20180620223744508.jpg

P1030178_20180620223757f11.jpg


数日後、高齢者施設で開催の

「第67回おしゃべりサロン&コンサート」 主催者・鈴木玲子氏

わたしもおじゃまします( ̄^ ̄)ゞ




コメント

コメントの投稿

非公開コメント