2017-07

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【裄巾直しは別布を足して】 (07/17)
  • 【万筋小紋完成】 (07/15)
  • 【八掛取り替えをしました】 (06/30)
  • 【着姿お写真送ってくださいました】 (06/27)
  • 【きものを寝るときに着ているって!】 (06/25)

  • 【二枚重ね着物】

    【池田重子コレクション・日本のおしゃれ展】 で拝見した若い女性の着物着こなし。

    「着物二枚重ね」を着ていたので、調べてみました。



       【十二単衣から現代のきものへ】  中路信義著

    江戸末から大正の初めごろの外出着。 当時は三枚着から二枚着といわれる。

    現代の色無地・付下げ訪問着と同格。

    [鼠縮緬地小菊散江戸褄後掛胴抜重ね紋付]

    P1000895.jpg
     


    この着物はとてもこっており、上着・下着を同柄に染めている。(裾に縫い目が無い大名仕立て)

    [竜紋薄茶小菊散小紋重ね]

    P1000894.jpg


    寛政年間に流行した振袖。 袖口が平口仕立ての構造。

    [縮緬地友禅小紋平口二枚重ね振袖]

    P1000896.jpg



    改めてこの本を見直すと現代にも、通じるお洒落!  取り入れたいですね。



         【専門和裁技能教科書・三】  興津佳平著

    昭和十年頃までは男女共に重ね着をしていたそうです。

    胴抜き二枚重ね(胴抜き下着)

    P1000891.jpg
           
    この上に着物を着る。



    であれば、現代の留袖比翼付のように仕立てるのも良いですね。

    比翼地を好きな色・柄にすると…ね。



        【専門和裁技能教科書・二】   興津佳平著

    P1000892.jpg





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●

    勉強させていただきます。
    楽しみにしております!

    和裁の本について

    わたしのお勧めは「和服裁縫・岩松マス署・雄鶏社」です。
    今度、ブログで紹介いたしますね。

    コメント返していただけて嬉しいです!

    てっきり画像すべてが同じ本に収録されていると思い込んでいました(笑)
    本のタイトル追加たいへんありがたく存じます。探してみます。
    中路さんの本、届きました。1ページ1ページ、解説の情報の質が高く、しかもわかりやすくて即お気に入りの1冊になりました。
    大渡さんのおかげです。ありがとうございました。

    追伸

    後半の写真二枚の本の題名と作者を追加しました。
    説明不足で申し訳ございません。

    はじめまして 大渡です。

    ななみさん 
    コメント ありがとうございます。
    お役に立てて嬉しいです。
    古い本は貴重で、もうこの技術を教わることも難しいですね。

    2級の和裁資格修得 頑張ってください。

    はじめまして。
    振り袖二枚重ねの構造がわからず調べていたらこちらにたどり着きました。
    記事で紹介なさっている本がamazonにて中古で置かれていたので早速購入しました。
    ミニチュアの着物を、人間が着る着物の仕立てと同様に制作していますので、大渡さんの記事を見て本当に助かりました。ありがとうございます。

    私は、和裁の資格自体は3級どまりですが、来年の冬、2級に挑戦します!


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/26-caaabd68
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【結城紬直し】 «  | BLOG TOP |  » 【池田重子コレクション】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (23)
    お仕立て (25)
    お直し (31)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事