2018-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【レバア、観ました】みーさん出演 (04/25)
  • 【舞台衣装】ちょっとだけお手伝い (04/14)
  • 【長羽織】小紋袷きものから (04/09)
  • 【長羽織】やはりマチを付けることにしました (04/08)
  • 【道行コートから上っ張り】 (03/28)

  • 【黒留袖・長襦袢セット仕立て上がりに二週間】

    先日から仕立てていた黒留袖・長襦袢セット仕上がりました。

    所要日数は12日間。

    昔、仕事は 「早い」 「きれい」 がモットーでしたが

    今は「早い」が無く、「きれい」だけが残るでしょうか。

    数年前、呉服店のご主人が  「昔の仕立て屋さんは留袖を、一週間に二枚は縫ったものですよ」

    私がおもわず 「留袖、比翼付をですか!?」   神業!

    ご主人は笑って 「ええ、ただ今ほど仕立てにうるさく無かったですからね」

    私はその当時でも、一週間に一枚しか縫えませんでした。





    留袖の仕立てが大変なところは

    ○ ぐし縫い(ぐしかけ)をするところ。 ぞべ糸(細いしつけ糸)で細かい糸目を出して縫います。

    「かけ衿」 「うち揚げ」 「裾」 「衿下」 「袖口」 にぐし縫いをする。 (袖の振りにすることもある)

    一寸(3・8㎝)の間に8目あるのが良いと思います。

    P1010017.jpg

     
    ○ 比翼を付ける。

    着物とは別に比翼用の生地を使います。

    着物が正絹なので、比翼地も正絹(羽二重)です。

    袖は「袖口」と「振り」の部分。

    身頃は「 裾 ・ 衽 ・ 衿 」

    P1010023.jpg


    比翼を付けて、着物とのつり合いをみる。

    裾で着物より 0.5cm~1cm 控えます。

    P1010026.jpg


             完成。



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/39-a950548f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【春らしいきれいな桜色の訪問着】 «  | BLOG TOP |  » 【黒留袖・長襦袢セット】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (34)
    着姿のお写真 (12)
    お仕立て (31)
    お直し (39)
    長羽織 (7)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (3)
    リメイク品 (9)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事