2018-06

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【結城紬胴抜き仕立て】 (06/22)
  • 【きものからワンピース】 (06/21)
  • 【縫い目落とし】昔に有った羽織の仕立て方 (06/09)
  • 【絹のアームカバー】白大島紬から (06/01)
  • 【琉球かすり*Y・Kさまの着姿】お写真送って下さいました (05/29)

  • 【和裁初心者さんにも解りやすい和裁の本について】

    先日、「二枚重ね着物」の写真が載っている本を紹介したブログ記事に

    コメントをくださった N さま ありがとうございます。

    説明不足でしたのに理解して頂けてうれしいです。



     ・ お勧めの和裁の本を紹介したいと思います。

    著作権の問題が発生するといけないので題名と内容を少々。 (残念~!)



    和裁初心者さんに限らず、私にとっても必須読本です。

      「和服裁縫・前編  岩松マス著  雄鶏社」 (1978年改訂版)

      「和服裁縫・後編  岩松マス著  雄鶏社」 (1979年改訂版)

      「和服裁縫・礼服編 岩松マス著  雄鶏社」 (1979年改訂版)

    前編は和裁に必要な用具・地のしの仕方・糸のとめ方・縫い方・くけ方・かがり方

        寸法の割り出し方・反物からの柄合わせ・見積もり方・ヘラ付け

        もめん仕立て・絹仕立て・ウール仕立て それぞれの特徴あったコツ

        女物長着・羽織・コート・長襦袢

        男物長着・羽織・長襦袢

        子ども物は一つ身長着・三つ身長着・四つ身長着   他。

    後編は女物あわせ長着・あわせ羽織・コート(道行衿/都衿)・あわせ長襦袢

         男物あわせ長着・あわせ羽織・あわせ長襦袢・丹前

         子ども物四つ身あわせ長着・一つ身あわせ長着・三つ身あわせ長着  他。

    礼服編は袴・訪問着・留袖二枚重ね・喪服・打ち掛け・宮参り着・七五三祝い着  他。


    図解式で分かりやすく解説されています。

    この本は和裁学校の本ではなくて二か所目に行った和裁所で購入したものです。


    いつも手の届く所において仕立ての確認をしています。

    特に羽織やコートの裁断で前身ごろに鋏を入れるときなど。

    問題点が一つ。 尺ではなくセンチで説明しているところ。

    なので換算表も用意してます。

    P1010421.jpg




     ・ 二枚重ね着物のことが書かれているのが

    「専門和裁技能教科書三  興津佳平著」    

     この本はとても専門的です。

    掛下二枚重ね・打掛・芸者のきもの・舞妓と半玉のきもの・力士のきもの

    釣り胴きもの・単本重ね・本比翼などの解説が書かれています。

    この本は一~三まであり非売品となっていますが

    ネットで購入できそうです。


    単本重ねの講習を受けたことがありましたが

    難しくて一度きりでは覚えられませんでした。





     ・ きものお直しをして思うこと。

    古いきものを解いて直すとき

    色々な縫い方があり

    「これでいいんだぁ」  「こうすればいいんだぁ」 

    教材のようで勉強になるんですよ。

    なので きものの解き 好きです!  



    仕立て方や着方も時代と共に変化していっても良いですよね。

    昔の人だってきものの実用性も重視しながらオシャレも楽しんでいたことがうかがえます。



    上記の本とは別の本から (ちょとだけ~!)

    *  釈迦むすび   (覚えられず作るたびに結び方を見ます)

    P1010415 - コピー



    *  新橋むすび

    P1010420 - コピー



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    ● COMMENT FORM ●

    Re: タイトルなし

    お役に立てましたら嬉しいです。
    私は 岩松マスさんの「和服裁縫・前編と後編」をよく見ます。

    こんにちは。

    さっそくの本のご紹介、ありがとうございます。
    すべて見つけられたのですが合計すると財布の中がちょっと泣きそうな価格なので、少しずつ取り寄せようと思います。

    お直しについては同感します!
    また1枚1枚ほどいてみて思うのは、良い仕立ても美しくない仕立ても、どちらもいい意味で勉強になります。なんというか、手を抜くことと良い塩梅にすることは全然違うなあ と。

    これからもブログ楽しみにしております。


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kimonositateya.blog.fc2.com/tb.php/60-29549fc8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【一疋(いっぴき)から男物きものと女物きものを仕立てる】 «  | BLOG TOP |  » 【紬小紋・背が高い方なので身丈が足りなくて・・・】

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (36)
    着姿のお写真 (15)
    お仕立て (35)
    お直し (41)
    長羽織 (8)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (4)
    リメイク品 (10)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事