2017-06

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【きものを寝るときに着ているって!】 (06/25)
  • 【新之助上布さん、お仕立てしました】 (06/24)
  • 【しつけについて】 (06/17)
  • 【ベージュ色?肌色?・・・和色名は花葉色】 (05/27)
  • 【 きもの仕立てについてのお問合せは Y・I 先生からでした】 (05/20)

  • 【絽小紋と絽羽織のお直し】

    都内にお住まいのSさまの絽小紋と絽羽織。

    裄と身巾直しさせていただきました。


    薄手の羽織は一枚あると重宝しますね。


    羽織丈についてご本人と相談の結果

    「丈は長め」が今風といっても暑くなる時期には

    この位の長さで良いのでは、ということになりました。



    羽織丈は肩から2尺1寸(80㎝)ありましたのでそのまま。

    Sさまの身長は156㎝。


    P1020162.jpg


    寸法は肩巾8寸5分、後巾が6寸8分なので1寸7分の差があります。

    肩山から裾までまっすぐ、縫うしるしをしたいところですが

    脇の、もたつきを軽減するため

    肩山から9寸ほど下(身八つ口下の所)の後巾は7寸5分にします。

    裾の後巾は6寸8分。


    肩巾8寸5分、後巾7寸5分と1寸の差があるので

    縫い代がつらないようアイロンでのばします。



    この生地はきれいにおさまってくれました。




    こちらの小紋と合わせるのも素敵ですね。

    裄と身巾直ししました。


    P1020172.jpg







    *  羽織の丈は思いっきり、短いのも可愛いかな~!

       リメイク用箱の中に羽織がいっぱいあるし。

       構想、練ってみよう~(*^_^*)。






    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【注目されている和裁技術】

    今、COREDO室町1で開催されている「東京キモノショー」 (5/7まで

    入場時にもらったパンフレットの一枚。

    帰宅してから気がついたので残念。

    P1020215_20170504231030b6c.jpg


    P1020218_20170504231047d05.jpg



    【★】 が付いた仕立てを観たかったです。

    このように良い仕立てに着目して下さる 『きもの未来協議会』 様

    ありがとうございます。

    あらためて、精進していこうと思いました(*^_^*)。





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【東京キモノショーを観てきました】

    行ってきました 東京キモノショー  

    COREDO室町1  日本橋三井ホールにて開催。 

    わたしが会場に着いたときは丁度入場制限が出ていました。

    並ぶの苦手・・・。

    すごい人の列でしたが、20分くらいで入場できました。

    写真は自由に撮っても良いということでした。



    P1020189.jpg




           P1020195.jpg




    P1020180.jpg




           P1020196~1




    P1020183.jpg



    出展された方々が自信を持って

    発表されたキモノスタイル200体ということもあり

    とても勉強になりました。

    前から後ろからまた気になる所は

    しっかりチェックさせて頂きました。



    また関係者の皆さまはもちろん

    来場者の方々のきもの着姿もすてきでした。



    鮮やかな装いの方がいらしたので思わず写真をパチリ!

    許可を頂いていないのでアップできないのが残念。





    あこがれの人

    一閑張りmisato(佐藤里美)さんも出展していました。

    人気の仮面は売り切れでしたよ。



    本当はバッグが欲しいけれど

    今回も和小物3点! ゲットしました。

    コレクションしようっと(*^_^*)。


    P1020214.jpg




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【木綿きものを試着して感想いただきました】

    先日、お仕立てしましたY.A さまの木綿きもの。

    試着して感想いただきました。



         P1020137.jpg


        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

           着物も試着しました!

         気になっていた脇の布余りも解消!

         着付が早くなった気が(^^)

         居敷当ても、薄くて柔らかくすべり良いです。おはしょりのもたつきが全くありません!

         やはり正絹はいいですね。相談にのっていただきありがとうございます。


         まだ出かけていないので、次のチャンスが楽しみです!

         写真はその時にでも。。。


         この度はありがとうございました😊

          Y.A


        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



    Y.Aさまはブログ村ふだん着物の

    【仕立て屋*おおわたり】を観てお問合せ下さいました。



    わたしもブログ村では皆さまからの情報や経験から

    たくさん学ぶという想いはY.Aさまと同じです。



    居敷当や抱き巾について、どなたかの参考になるとうれしいです。

    木綿きもの、居敷当は正絹を付けてみました



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【木綿きもの、居敷当は正絹を付けてみました】

    都内にお住まいの Y・Aさまの木綿きものです。

    ドット柄の久留米かすり。


           P1020137.jpg


    P1020138_201704171605038bc.jpg


    お預りしたのは1月頃。

    それからいく度となく、メールでご希望を伺いました。


    ・寸法のこと

    まだ、ご自身の寸法が定まっていないので模索中。

    お持ちのきものの寸法をはかり

    着用したときを思い浮かべ考えて下さいました。


    ・居敷当のこと

    (Y.Aさま)
    単衣なので、居敷当を付けたい。

    今持っている木綿きものの居敷当(もめん?)は内揚げのところまで付いていて

    おはしょりのところでモタつきがある。

    以前観た、どなたかのブログに「麻のきものに居敷当は正絹紗か絽の生地を付ける」

    と書いてあったのですがどうでしょう?


    (私) 
    そうですね~そういう素材のほうが気持ち良いですね。

    昔、きものをふだん着として着ていた頃は毎年、着ていたきものは解いて

    傷んだところは目立たないところにもっていったり

    違った形の和服に仕立て直すと聞きました。

    お祖母さんやお母さん、ご近所の裁縫が得意なおばさま。

    それに悉皆屋さんが活躍していたのですね。




    それを考えると正絹は洗いには弱いかもしれないけれど

    ヘタってしまったら取り替えると良いのではと考え

    胴裏広巾の正絹を後ろ身頃全体に付けることを提案させていただきました。

    着心地優先。

    ポリエステル地を付けるのは暑いかな~。

    居敷当を付けるのは内揚げから裾まで。

    取り替えるときのため、居敷当だけ外しやすいように付けてみました。

      (居敷当地をきもの脇縫い代と一緒に折りこんだり
        内揚げの縫い代を上にしてくけることもあります)

    胴裏広巾の丈は3尺5寸位を水通しすると1寸(4cm)ほど縮みました。

    巾は変化なし。

    きもの地も湯通ししています。
      

    広衿の裏は新モス(水通し済)。


    P1020134.jpg



    P1020132.jpg



    Y.Aさまは居敷当の交換に挑戦してみます、と仰っています。

    小さなお子さまがいらして子育て真っ最中。


    やっぱり大変かな~と思ったらいつでも申し付けてくださいね。


    ・抱き巾のこと

    抱き巾についてもうち合せしました。

    きもの着用時の写真を送ってくださり

    脇の余り布が気になるので狭くできますか?と質問ありました。

    衽下がりから衿下を結ぶ寸法の取り方で1~1.5㎝狭くすることができました。

    正絹きものと木綿きものでは着心地が違うと思いますが如何でしょうか。



    こうして色々な気持ちを伺いながらお仕立てさせて頂きました。



    居敷当についてはもっと良い生地があるといいので

    探してみます(^^ゞ。




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お問い合わせフォーム

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (22)
    お仕立て (24)
    お直し (29)
    長羽織 (7)
    きものコート (5)
    おおわたり風コート (2)
    和小物 (16)
    和裁の本 (1)
    新★日本橋きもの倶楽部 (3)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    リサイクル着物 (2)
    七五三着物 (3)
    男児祝い着を羽織に (1)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    作務衣 (2)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    最新コメント

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事