2018-04

最新記事一覧


 NEW! 
  • 【レバア、観ました】みーさん出演 (04/25)
  • 【舞台衣装】ちょっとだけお手伝い (04/14)
  • 【長羽織】小紋袷きものから (04/09)
  • 【長羽織】やはりマチを付けることにしました (04/08)
  • 【道行コートから上っ張り】 (03/28)

  • 【サルエルパンツ】M・Sさまのお写真

    先日のM・Sさまのサルエルパンツ。

    ステキなお写真、送ってくださいました。

    笑顔を隠したくなかったですが・・・

    _38A8263 (2)


    _38A8277.jpeg

    足はこんなに広がるのです。

        ( ̄^ ̄)ゞ



    ポケットは前後に。

    _38A8271.jpeg


    _38A8273.jpeg

    ミシンで縦横縫っただけのポケット。



    喜んでいただけてヨカッタです p(*^-^*)q

    何度か穿いてみてここがちょっと・・・がありましたら

    どうぞ遠慮なく言ってくださいね。





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【リメイク】きものからサルエルパンツ

    都内にお住まい、M・Sさまのサルエルパンツお作りしました。

    以前のブログで作務衣の紹介をしたときに

    「パンツは穿きやすいですか?」と問合せをいただきました。

    「穿きやすいですよ、なんと言っても絹の肌触りが心地良いです。」

    M・Sさまは持っている紬きものが地味なので

    パンツにしても良いかなと思われたそうです。



    ブログでは紹介していませんでしたが

    「サルエルパンツもお気に入りなんですよ」と

    お話しさせていただきますと関心をもってくださいました。

    そして今回はこちらのサルエルパンツ

    紬地で、絹の光沢があり素敵に仕上がりました。


          P1020980.jpg


    張りがある生地をたっぷり使っていますが

    すそは広がらないです。

    P1020982.jpg



    ここ、すそ。
         P1020969_201803142247150cc.jpg


    着用時のお写真はもう少しお待ちくださいね(^-^)/





    こちらは見本に紹介しました私のサルエルパンツです。

    市松柄が好きなので、イベントで見つけた紬きものを即買い。

    P1020695.jpg

    ところがこの色は自分に似合わなかった・・・

    考えた結果、ボトムに直すことに決定。

    型紙は作れないので直立ち。

    おりがみを折るようにあれこれ置いたり重ねたり。

    イメージはSOU・SOUさんのパンツ。


    きものの片身ごろと片身ごろの半分と

    ウエストまわりは衽分一枚。

    それだけで作れますョ。


    昨年から3枚目です。

    寒い時はレギンスを穿いてOK。

    さらさらしているので真夏も大丈夫でした。

    洗うとやはり絹の光沢は落ちますが

    柔らかくなってそれはそれで良い感じです。

    絹地のパンツを穿くと

    肌から呼吸をしている感があってとても心地良いものです。

    地味かなとか派手かなと思われるものをボトムにしてみる。

    いかがでしょうか。


    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


    初め見慣れない形のサルエルパンツに

    家族が 「! 足短くなった?」


    今は「いいね」もらっています(^-^)



    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【帯からバック】

    柴田春賞先生のバックです。

    お母さまの帯でした。

    P1020966.jpg

    書類を入れるバックにしてほしいと依頼を受けまして。

    ショルダーバックに変身。

    P1020968.jpg

    しばらく、どう作ろうか?考えて・・・

    A4の書類が入るように。

    まちは8㎝。

    底はプラ板入れて。

    荷物がふえても
    両手を使えるように肩掛け。

    ----こういう感じになりました。



    家庭用ミシンなので〇〇ですが

    見ると、つい作りたくなるのでした・・・( ̄^ ̄)ゞ





    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【ひさえ紐について】

    先日のひさえ紐について

    仁井ひさえ先生からコメントをいただきました。


      「ひさえ紐を左脇の輪の中をくるくると二度ほど回し通すと落ちにくくなります。
       そのまま紐を結んでももつれたり、絡まったりしません。」


    そうですね二度通しておくと良いですね。

    間違って解けて落ちないように。


    後ろ姿がきれいなので

    皆さん是非おためしください。  ( ̄^ ̄)ゞ




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    【道中着お直し】後ろ姿がきれいな“ひさえ紐”

    道中着のお直しいたしました。

    みーさんのコートです。

    紫がかった紺色、うっすら市松柄。

    良い色ですね。


    P1020959.jpg



    道中着なので “ひさえ紐” 付けるのをお勧めしました。

    P1020957.jpg

    手前が右脇の内側。

    左脇に付いている紐は輪にします。

    ひさえ紐(87㎝)を右脇に付け、左脇の紐に通します。

    そして下前の紐と結ぶ。

    後ろ姿がゆるくきれいな着姿になりますね。

    一本の長い紐、後からでも付けられますよ。


    コートは身巾と裄のお直しでした。

    スリムなみーさん。

    後巾と肩巾の差の関係から

    出来るだけ身ごろが、ブカ付かないように

    かつ、縫い代がつらないように気を付けました。


    日中は暖かでも朝夕にはコートが必要ですね。

    舞台のお稽古、ガンバっていらしゃると思います。

    楽しみ p(*^-^*)q




         ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。





    ぬい針もまち針も
       研磨あげ針 四ノ二 25本入
         
        P1020940.jpg




    ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします。(*^_^*)


    にほんブログ村

    にほんブログ村

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    プロフィール

    Rumiko

    Author:Rumiko
    Kimono
    【仕立て屋*おおわたり】
    はじめまして 大渡留美子と申します。
    1957年ー北海道生まれ   
    18歳ー札幌の和裁学校で和裁を学ぶ。その後2ヶ所の和裁所で技術を習得。
    26歳ー2級和裁技能士修得。 自宅にて呉服店の仕立て物を請け負い、独立。
    1991年-埼玉県南埼玉郡在住   
    和裁の仕事に携わって30数年。お客様の声を聴いてお好みの着物に仕上げ、喜んで頂きたいと思っております。
    たんすに眠っている着物を、お直しすることで
    [*お気に入りの一枚*]になるかもしれません。
    着物・羽織・コート お仕立て致します。
    どうぞお気軽にご連絡下さい。

    TEL 080-1135-1159

    お仕立て・お直しについて

    お仕立て料金表

    特定商取引法

    r_owatari@yahoo.co.jp

    FaceBookページ

    カテゴリ

    未分類 (34)
    着姿のお写真 (12)
    お仕立て (31)
    お直し (39)
    長羽織 (7)
    きものコート (6)
    大渡の羽織コート (3)
    リメイク品 (9)
    和小物 (19)
    和裁の本 (1)
    きもの男子 (3)
    染色 (2)
    七五三着物 (3)
    呉服卸問屋さん (3)
    きもの展 (2)
    二枚重ね着物 (1)
    日暮里繊維街 (2)

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最新記事